Seeking Calm Life

経済的自立を目指す福岡在住の独身男性によるつぶやきブログ

外貨建てMMFを解約

昨日は母親と妹の誕生日でした。
甥もそうだし、私も6月生まれなので、
今月は近親者の誕生日が集中している月だったりします。

今日はオフで歯の定期クリーニングに行ってきました。
ちょうどつい先日、4本目のインプラントの手術をしてきた
同じ職場の人に今までにかかった費用を参考までに聞きましたが、
くれぐれも自分には縁のない話であり続けてほしいと思いました😱

で、クリニックは10時半からだったんですが、
一念発起して予約時間までに朝食、家事、筋トレ、朝風呂、買い物など
雑用という雑用を全部こなすことに成功しました😁

朝から動き過ぎてエネルギーは消費しましたが、
無駄なく時間を使えたことが嬉しく、充実感で満たされましたね😊
自己肯定感も上がるし、この感覚はちょっと癖になります 笑

さて本題、昨夜にマネックス証券で運用していた外貨建てMMFを解約しました。
商品は「ニッコウ・マネーマーケット・ファンド・USドルポートフォリオ」。

理由は同じマネックスで運用している近々売却する予定の、
米国株ETFの利益にかかる税金の支払いに充てるためです。

額はともかく、ちょうど金利の高い時期に運用していたおかげで、
昨日までのリターンは10%近くありました。
株式のようなリスクなしで、この成果は特筆すべきだと思います。

現状、米国株ETFは私の資産形成における主力エンジンであり、
これまでも多大な貢献をしてくれました。

このまま追加投資せずに放っておくだけで増えていくだろうし、
分配金も増配を続けるだろうから、未だに手放すことには抵抗があります。

しかし、新NISAの生涯投資枠を5年で埋めるチャレンジを達成するには
どうしても毎月の給料や賞与だけでは厳しいのです🥺

まぁ多かれ少なかれ、自分と同じ心境の人はいると思いますが、
これも新たなステージに進むためのステップだと思って割り切るつもりです。

一方で以前にも話しましたが、ドル資産は管理が面倒ですし、
また証券口座が無駄に分散しているのも問題があると思っています。

それに今では円建て商品でも素晴らしい選択肢が沢山ありますから、
これを機に少しずつ整理して、投資信託への集中とSBIへの投資口座の一本化を図ります。

各証券会社にはそれぞれ独自のメリットというものが存在しますが、
この数年で私はそれらを十分に使いこなせていないことがわかりました😂

ということで、段階を踏んでにはなりますが徐々に金銭面だけではなく、
心理的、時間的なコストも意識した投資にシフトしていきたいと考えています。

2024年夏ボーナス支給

一昨年、PETがん検診を受けた医療機関から再受診のお知らせが届きました。
あれから2年、時が経つのは早いものです。

以前に受けた総合コースは廃止され、
検査項目が増えた新しいコースが設定されたようです。

それに伴って料金もアップしていますが、
まぁ、これは予想していました💦

勤務先と提携している施設のため、前回も割引が適用されましたが、
2回目以降の受診でもリピート優待が受けられます😄

受診ペースは3年に1度を目安にしているので今年は受けませんが、
健康への投資は惜しむべきではないと考えているので、
来年中には再受診をする予定にしています😊

さて本題、夏季賞与が振り込まれました。

支給額は昨年冬よりも増加⬆️、前年同期ではわずかに減少⬇️
業績が良くなかったのに去年夏並みにもらえたのは、基本給の上乗せ効果です。
また今月から定額減税が始まったので、それもあって手取りは増えました。

ボーナスの使い道はいつも通り。
差し当たって「これが買いたい!」っていうのも思いつかないので、
一部を銀行口座に預け入れて、それ以外は全部投資に回します。

改めて定額減税の目的を確認したところ、
千葉市のHPに記載がありましたので以下引用します。

Q1:定額減税の目的はなにか
「デフレ完全脱却のための総合経済対策(令和5年11月2日閣議決定)」において、賃金上昇が物価高に追いついていない国民の負担を緩和するため、デフレ脱却のための一時的な措置として、令和6年分の所得税、令和6年度分の個人市民税・県民税の減税を実施することとされました。

実質賃金の低下が過去最長を記録している中で、
インバウンド需要を除けば、日本はコストプッシュインフレの状態が続いています。

来月請求分から補助金打ち切りによる電気料金値上げを警戒する家庭も多く、
また税金や社会保険料の負担増等の先行き不安からくる生活防衛意識が高まる状況で、
「デフレ完全脱却」という文言は違和感しかないっすね😅

今回の措置は扶養家族が多い家庭ならある程度の恩恵は感じられそうですが、
単身者の場合は油断していると、あっという間にどこかに消えてなくなりそうです😂

もちもち亭(飯塚市菰田西)

気が付けば6月も折り返しですが、
今年はいつになったら梅雨入りするのやら☔

天気が良いのはいいんだけど、
農作物の生育にも影響が出かねないし(親戚が農家やってます)、
後になって水不足が問題になりそうじゃないですか💦

まさか、このまま夏に突入ってことはないと思いますが、
こうも雨が降らないと、逆に心配になってきました😅

さて、飯塚駅に来ました。
今回はこのエリアでランチです。

駅前にある「もちもち亭」。
かわいい名前のお店はラーメン、ちゃんぽん中心の食堂です。

で、建物の外観がこちら。

奥行きが薄い❗❗❗

今時、これだけでもちょっと話題になりそうな感じ😁

横から見ると👀

裏はこうなってます。

当然、中は狭いということになりますが、カウンターとテーブル席があります。
開店時間ほぼジャストで到着しましたが、既にお客さんがいました。

メニュー。支払いは現金のみ。

✨きました✨

まずは気になっていた、みそチャンポン(700円)🍜

たっぷりの野菜、カマボコ、豚肉、海老と具だくさん。
麺は自家製でコシのある中太麺で、しっかりスープに絡みます。

スープは味噌のコクとあっさり感が共存する親しみやすい味わいです。
そんなに味噌ちゃんぽんって食べる機会は多くないけど、
評判通りで凄く美味しいわぁ🥰

続いて、チャーシューご飯(200円)が到着🍚

見た目が「これはもう絶対美味いやろ!」と思わせる🤤

薬味とチャーシューの塩味のバランスがちょうど良く、
ちゃんぽんのお供にぴったりのサイドメニューでした。

ふぃー。満足🍴😆

店主のお母さんの明るい雰囲気も好印象だったし、
この価格で美味しいご飯が食べられることにマジ感謝ですなー。

ラーメンも気になるので、次来た時は他のメニューも食べてみたいと思いますよ😄

ということで、ご馳走様でした!

もちもち亭
福岡県飯塚市菰田西2丁目1-3

iDeCoの損益率が100%を突破

SBIベネフィットシステムズで運用している、
iDeCoの損益率が100%を突破しました。

2018年にオリジナルプランで拠出を開始し、
当初は「iFree NYダウ・インデックス」で運用していましたが、
途中でセレクトプランへ切り替えを行い、
現在は「eMAXIS Slim S&P500(米国株式)」に全額突っ込んでいます。

既に損益率が100%を突破した投資信託は他にも保有していますが、
それらは積立を止めてからある程度時間が経ったものばかりで、
今も積立を続けている商品で100%に到達したのは実はこれが最初です。

これまでの成績を振り返ると、株式100%での運用は大正解でした。

しかし、具体的な効果が見え始めるまではそれなりの時間を要するので、
「投資を始めるなら早い方が良い」説を改めて実感するところです。

国民年金基金連合会等への手数料が発生することや、60歳まで資金拘束を受けること、
そして運用時の利益は非課税でも解約の際に税金がかかる点などが、
NISAと比較して人気がない理由になっていると推察していますが、
節税効果等を考慮すると老後の資産づくりには適した制度だと思います。

スリム米国株式に20年以上投資をしていれば、
結構なリターンを期待できることを公式のシミュレーション結果で知りましたので、
出口で課税されても、現金を預金口座に置いておくよりはマシだと考えています。

先日、高齢者の定義の引き上げが提言され各方面からも批判が相次いだようですが、
iDeCo上限額引き上げ検討の件も、この流れを受けての話だとすれば合点が行きます。

実際のところ、もう取り繕えないところまで来ていると思いますが、
ここで「年金はもう払えません!🤪働いてください!😝」と言ったら最後、
政治生命がたちまち危険に晒されることになるので、
それは口が裂けても言えないのでしょう😅

私もウェルビーイングとか詭弁にしか聞こえませんが、
政府に対して個別に文句を言ったところで、どうにもならんしね。。。

まぁ自分の場合は公的年金を当てにできないという個人的な事情もあるので、
老後生活の基盤となりえるiDeCoについては今後も積極的に活用していくつもりです。

DINING BAR haon(福岡市中央区渡辺通)

前回はいささかシリアスな内容の記事を投稿して、
最後はあのような形で締めくくってしまいましたが、
今振り返れば、少し感情的になっていたようです😅

どう転ぶかわからないのが人生ですし、勝手に先のことを決めつけて、
自ら生き方の幅を狭めることもないなと現在は考えを改めています 笑

さて、渡辺通に来ました。
こちらは三光橋の交差点を春吉方面に曲がったすぐ先にあるビルです。

建物の一階は想夫恋。今回はカレーです🍛

5階の「DINING BAR haon」へ。

昼間は「甘いくせに辛い咖喱 咖音」という名前で
カレー専門店をオープンしているようです。

エレベーターを出た先に広がる空間。
夜はバーとして営業しているだけあって良い雰囲気。

開店直後に来たので他のお客さんはいませんでした。
やった😁ゆっくり食事ができるぜ💪

メニュー。スマホ決済不可。

森は横浜に移籍してたんか…。
TV見なくなったから、スポーツも全然わからん😅

✨きました✨

「ジャークチキン咖喱」。

ルックスは超シンプルですが、
濃厚そうなルーとスパイスの香りが期待値を高めます。
これは美味そう🤤

スプーンを口に運んだ瞬間にはフルーツの甘みや酸味を感じさせ、
その後から辛さがじわっと追いかけてきます🔥🔥🔥

まさに「甘いくせに辛いカレー」。

しかし、とても食べやすい。
香ばしいジャークチキンもコクのあるルーとの相性バッチリ👌

米も美味しくて、食べ終わる頃はルーが残り気味になってしまった😓
並みで注文しましたが、大盛りにしておけば良かったな💦

食後のマンゴーラッシーでクールダウン。
バーらしくウイスキーグラスでの提供🥃

オーダーから配膳まで15分くらいは待ちますのであらかじめご注意を。

ということで、ご馳走様でした!

DINING BAR haon
福岡県福岡市中央区渡辺通5丁目1-22
コージープラス天神 5F